理想的な睡眠時間―インコの場合

何時間寝るの?

さて、いきなり問題です。
インコの理想的な睡眠時間は何時間でしょう??

そんなこと考えたことないよ、という声が聞こえてきそうです。

人間の理想的な睡眠時間は約7時間(個人差アリ)
というのは有名な話ですが、
では、インコは?





正解は、12時間!!(@_@;) 

ちなみに、歳を取ると、もっと睡眠時間が増えるそうです。
(ここも、人間に似てますね)

野生の子たちは日の出とともに起きて、
日没とともに寝るのだそう。

そんなに長いこと寝て根が生えないか心配ですが、
動物って結構睡眠時間長いんですよね。

実は、猫も12-16時間寝るんです!

ただし、そこには理由があって、
野生動物はいつ襲われるか分からないので、
睡眠が浅い、よって、長時間の睡眠が必要、
というロジックのようです。

飼い主が寝不足の場合


インコはたくさん寝ないといけないのですが、
飼い主まで12時間睡眠を楽しめるような幸運な人は、
現代社会にはほとんどいませんよね。

では、どのような工夫をすればインコの睡眠を確保できるのでしょう?

先輩飼い主さんたちによると、寝かせたい時間になると、
人間が活動していない静かな部屋に移動させるのがお勧めのようです。

他には、人間と同じ時間に寝て、
人間と同じ時間に起きるけれど、
飼い主さんがお仕事でお留守の間にお昼寝をして
「睡眠負債」を返済しているケースもあるのだとか。

私も、お昼寝で睡眠不足を解消したい…

寝不足になると


では、もしもインコが睡眠不足になったらどうなるのでしょう?

一言で言うと、インコの身体の調子が悪くなります。

そこまで驚くことではありませんよね。

人間も、睡眠不足が続くと、イライラしたり、太りやすくなったり、
ひどい場合にはてんかんの発作を起こすこともありますし。

そして、インコの場合は、発情してしまうのです(@_@;) 
人間ではあまり聞かない症状ですが、
良く知られているコンディションだそうです。

さらに、禿げる(@_@;)こともあるのだとか。

なんでも、寝不足でストレスがたまると、
自分の羽を自分で抜く、毛引きをしてしまうからのようです。

新型コロナウイルスの影響で、東京など都市圏を中心に
在宅勤務をされる方が増えたので、
インコさんと一緒にお仕事をされる方が
いっぱいいらっしゃると思います。

ディズニーの映画じゃありませんが、
飼い主さんが知らない「お昼のインコさん」の姿を目撃することになるかもしれません。

ただ、いままでお昼寝していたインコが寝不足にならないように気を付けましょう!

この際なので、飼い主さんも「インコと一緒にお昼寝タイム」なんてどうでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です