ボタンインコはどんな子?

性格

様々な種類のインコがいますが、
ボタンインコは、コザクラインコと並んで、
英語で「love bird💛」と呼ばれています。

名前の通り、愛情がとても深く、
その反面、嫉妬深いことで知られています。

パートナーとみなした相手には深い愛情を注ぎますが、
パートナーから注意を奪うもの、
例えば、ほかの動物、別の人、パソコンやテレビなど、
に対しては激しい嫉妬を抱くことで有名です。

飼い主さんをパートナーとみなしている場合、
放鳥タイムは必ずそばで構ってあげるようにしましょう。

お返しに、とても懐いてくれるはずです。

また、つがいで飼うこともでき、仲睦まじい姿を見せてくれます。

基本情報

体の色は、ノーマルで、全体的に緑色で顔は暗めの茶色です。

他には、黒の頭と黄色の胸・首回りが特徴の、キエリクロボタンインコや、
背と胸、羽が緑色、首は金色よりの黄色、頭のてっぺんはオリーブグリーンの
ルリゴシボタンインコなどがいます。

ボタンインコの大きさは平均で約13.5~17cm
(セキセイインコや、コザクラインコと似たようなサイズ)で、
重さは約35~50gです。

寿命は10~15年ほどで、
ストレス管理などが長生きの秘訣のようです。

お値段は5千円から2万円ほど。
羽の色や、人間に慣れている個体かどうかで価格が変わってくるようです。

ちなみに、鳴き声は大きめなので、
アパートやマンションなどの集合住宅で飼育する場合は、
騒音対策が必須となります。

独り言をいう子たちや、口笛を吹く子、
そして、人間とおしゃべりする子なんかもいるそうです。

餌はどんなもの?


餌は、セキセイインコと基本的に同じで、
主食は、混合シードか、ペレットです。

混合シードはヒエやアワなどの穀物のミックスで、
殻付きのものをインコ達は好むそうです。

混合シードのみで飼育する場合、
ビタミンを補うために、小松菜やチンゲン菜を与える必要があります。
できるだけ、生で、新鮮なものをあげてください。

ペレットは人工飼料で、インコに必要な栄養分をまんべんなく網羅しています。
ただ、インコからは不人気なようで、
混合シードに混ぜて食べさせるのが賢明なようです。

注意点


ボタンインコはストレスに弱い面を持っているので、
必ず放鳥時間を設けるようにしましょう。

理想は1日当たり2時間、
広めの場所を自由に飛ばせてあげるのがよいようです。

まとめ

セキセイインコ以外にも、様々なインコがいて、
なかなか個性的ですよね。

人間とひとくくりに言っても、文化・習慣が違うのと似ています。
それにしても、これだけ色々いると、目移りしてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です