インコの足は奥が深い❓❕

インコの足、指は何本❓

突然ですが質問です。
セキセイインコの足にある指は何本でしょう❓

正解は





4本です。

もっと正確に言うと、
前に向いているのが2本、

後ろに向いているものが2本です。

このスタイルのことを専門用語で対趾足(たいしそく)と言います。

セキセイインコのほかには、マメルリハやカッコウなども対趾足です。
木の枝につかまる、何かに登る、木の実などをつかむことに長けているのは
この足のおかげだとか。

しかし、生まれた時からこうだったかというと、
どうもそうではないみたいです。

羽化した直後は、前3本、後ろ1本の配置です。
成長するにしたがって、前2本、後ろ2本に変わるのだとか。

トラブル発生‼

人間もインコも当然、調子のいい時ばかりではありません。
インコも具合が悪くなることがあります。

代表的で心配な症状として、

  • 足が弱くなった
  • 力が入らない
  • 足をあげている
  • 止まり木に止まれない

が挙げられます。

足のトラブルが発生した場合

骨折・捻挫など、足が原因のものから、
くる病や骨軟化症などの体全体の病気が原因のものまで様々です。

症状に気が付いたら速やかにかかりつけの獣医師さんのところへ連れていきましょう。


さらに、慢性的な原因で足が弱い状態が長く続く場合、
止まり木から下に落ちて怪我をしてしまっては元も子もありません。

落ちてしまった時のために柔らかいマットを敷いて怪我を防止しましょう。

また、いつも使っている止まり木に止まれそうにない場合、
止まりやすい太い止まり木が市販されています。

長期戦を想定される場合は購入を検討されてみてはいかがでしょう❓

さらに、止まり木にテープを巻いてつかまりやすくすることも効果的です。

インコの止まり木補強用テープも市販されています。
新しい止まり木よりも安価なことが多いので、購入しやすいですね。


意外な盲点が餌箱と水入れです。

餌箱のある所まで上手に移動できない場合、
餌箱をインコさんの近くに移動させてあげましょう。
水入れも同じことが言えます。

足のトラブルを予防するには❓

ビタミン不足がたたって足が弱くなることがあります。

カルシウムやビタミンB1が欠乏すると、
くる病や脚気になってしまうので、
シードをメインで食べているインコさんは、
栄養バランスの良いペレットに変更するか、
ペレットを食べてくれない場合は、
サプリメントを使いましょう。

ヒナの場合、アワ玉だけを食べているとビタミンB1が不足するので、
パウダーフードやふやかしたペレットなどを追加するのが脚気対策としてオススメです。

まとめ

インコを飼っていてもなかなか足までじっくり観察することは
あまりなかったので、指の本数について改めて調べてみました。

怪我をしてしまったりしたときにじっくりと観察するだけでなく、
普段の生活でも、足の付き方や羽の生える方向などじっと見てみたり、
スケッチしてみたりしても良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です