インコとお友達になろう

ペットの醍醐味

折角ペットを飼ったのだから、
ペットとの絆を深めたいですよね?

家にいるもう一人の家族みたいな感じで。

それがペットの醍醐味というか、
ペットを飼う理由だったりする人も多いでしょうし。

でも、どうやって?
言うは易く行うは難しです。

仲良くなるのはなかなか大変だったりします。

セキセイインコが懐くのにはコツがあるのでしょうか?

今回は、そんな疑問を検証してみたいと思います。

懐きやすいインコの選び方

まずは、セキセイインコの選定から始めましょう。

やり方は簡単!
ペットショップで、ケージに顔を近づけます。

逃げてしまう人見知りさんよりも、
近づいてくるインコ、
つまり、人なつっこいインコの方が懐きやすいですよ。

年齢も大切です。

大人になってから飼うよりも、ひな鳥の時から、
つまり、生後1週間から1か月ぐらいから
飼い始めると、懐きやすいと言われています。

ちなみに、意外に思われるかもしれませんが、
生まれた時期が、真夏や真冬だと懐きにくいので、
インコを飼う際は、
秋か春に生まれた子たちを迎え入れるのが
理想的なのだとか。

おうちに迎えてから

餌、水、ケージのお掃除などはもちろん、
インコの名前をやさしい声で毎日何度も呼ぶと、
インコは自分の名前を覚えますし、
名前を呼んでくれる人に対する警戒心も解けます。

ちなみに、ストレスを溜めてしまうと、
懐きにくくなるので、
大きめのケージで飼うようにしましょう。

運動不足予防が、ストレス解消になるようです。

インコが懐くとどんな感じ?

インコが懐いたかどうかって、
どうやって分かるのでしょう?

基本的に、セキセイインコが飼い主に頭をなでさせてくれたら、
懐いたと思って良いようです。

ちなみに、インコは思いのほか記憶力が良いので、
自分のお世話をしてくれる人のことをしっかりと覚えます。

自分の名前を呼ばれると、
犬のように近づくこともあります。

さらに、放鳥中に飼い主が家の中を移動すると、
トコトコ付いてくるようになったりもします。
飼い主の仕事が気になって、
飼い主のまわりをウロウロしてみたり、
飼い主と食事のタイミングを一緒にしようとするインコもいるのだとか。

まとめ

「懐くコツ」といっても、
「あなたのことを気にかけていますよ」
というシグナルをインコに送り続けるだけなので、
「案外、簡単かも」と思われたかもしれません。

インコはもともと集団生活する動物なので、
人間を自分の集団の中の生き物だとみなすと、
インコの方からコミュニケーションを取るようになります。

ペット初心者向けの動物ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です